「シャルマンワイン」白州のワイナリーのご紹介

白州といえば、日本酒蔵・ウイスキー工場などが良く知られています。
実は、ワイナリーもあるのです。

台ケ原宿からほど近いところにある「シャルマンワイン」
シャルマンはフランス語で「かわいい」「愛おしい」という意味があり、皆から愛されるワインづくりを目指しているそうです。

山梨にワイナリーは数多くありますが、シャルマンワインは50年近くの長きにわたり、自社の畑で作られたブドウでのワインづくりをなさっています。なんと苗木を植えるところからワインのラベリングまで自社で行っているそうです。

このように、その土地で取れたブドウをその土地で醸造したワインには、その地域の色が濃く出るといわれています。白州のある甲斐駒ヶ岳周辺は、水はけのよい砂質の土地でワインに適した品種のブドウが良く育つそうです。花崗岩質の土地にはミネラルが豊富に含まれているため、できるブドウもミネラル分の濃い複雑な味わいになるそうです。もちろん水が良いことや、山梨の夏暑く冬寒い寒暖差の大きい気候が糖分の高い良いブドウを作るために最適なことは言うまでもありません。

このように土地に恵まれ、水に恵まれ、気候に恵まれ、それだけではなく「人に恵まれて」いることも特徴ではないかなと思っております。

白州にあるシャルマンさんのブドウ畑には毎日のように手入れをする方がいらっしゃいます。土づくり、ブドウ育成、収穫、ワインづくりと一年を通じて丹念に手入れをされているのを目の当たりにし、本当に良いワインを作るのには手かかるのだとわかります。
醸造まで気の遠くなるような時間と手間をかけ、おいしいワインが出来上がるのですね。
私たち白州人にとって、シャルマンの名前の通り「愛おしい」とても親しみのあるワインです。

シャルマンワインでは、工場見学や試飲も可能だそうです。小さなワイナリーですのでアットホームな雰囲気を楽しんでいただくのがおすすめです。広大なブドウ畑の中の小さなワイナリー、ロケーションもとても素敵です。

旅行で直接訪れることが難しい現在、通信販売も受け付けているそうです。白州ファンの方、この年末年始に白州のことを思い出しながらおいしいワインを召し上がってみてはいかがでしょうか。

https://www.charmant-wine.com/

白州にははそれほど広くない範囲にワイナリー・日本酒蔵・ウイスキー工場が集まっております。こんな場所は全国を探してもそうそうないのでは?お酒好きにはたまらない地域です。

本堂での葬儀「寺院葬」も行っております

人生の中でも大きな意味をもつ葬儀。

「寺院葬」という選択肢があることをご存じですか?

「寺院葬」とは、葬祭専用のホールではなく、菩提寺の本堂で通夜や葬儀を行うことです。自元寺では「寺院葬」を行うことができます。

菩提寺で葬儀を行う最大のメリットは

「格調高く、荘厳な雰囲気の中で葬儀を行える」

ことです。もともと本堂は祈りの場として作られておりますので、長い歴史を感じる本堂の厳かな雰囲気の中で、ご本尊様に見守られながら故人をお送りできます。菩提寺には代々のご先祖様も祀られておりますので、ご先祖様から連綿と続くつながりもより強く感じていただけることと思います。
実際に寺院葬を選ばれた喪主様やご親族様方からも「心を落ち着けることができ、本堂での葬儀は想像以上に良かった。」とのご感想をいただいております。

もちろん葬祭専用ホールでの葬儀にも良い点はあります。たくさんの方が参列される場合や、遠方からいらっしゃる参列者が多い場合、駐車場が広いことやアクセスがしやすい場所にあることも大事になってくることでしょう。葬儀と同時に会食なども行うときは、サービスの良さも大切とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

ですが葬儀で本当に心に残るのは、サービスの良さや駐車場の広さではなく「大切な故人を、最大限尊重して送ることができた」という想いではないかと感じております。荘厳な雰囲気の中で執り行う菩提寺での葬儀では、それをかなえられるのではないでしょうか。


また、寺院葬では葬儀後ホールから菩提寺までの移動をしなくて良いこともメリットです。昨今の社会情勢を踏まえますと、お年を召したご親族がいたり持病をお持ちだったりなどの理由で「葬儀には出席したいけれどできるだけ移動や他人との接触を減らしたい」とお考えの方もいらっしゃることでしょう。そのような方にも良い選択肢となるのではないでしょうか。

15~20年前くらいまではお寺や自宅でお葬式をするのがごく普通でした。それがホール葬に替わり、最近再び寺院葬が注目されてきているのです。これはサービスとしての満足度の高い葬儀ではなく、本来の見送りの形が良いと考える人も増えてきているのかもしれないな…と感じております。

菩提寺での「寺院葬」をぜひ葬儀の選択肢の一つとして、お心にとどめてください。

自元寺では指定の業者はありませんが、業者によって予算や内容も広く異なります。場合によってはホール葬や自宅での施行をおすすめすることもございます。葬儀の詳しい流れなどについても、お気軽にご相談ください。

住職一押しのお店をご紹介します!知る人ぞ知る『ひさの食堂』

本日は地元のおいしいお店をご紹介いたします。

お店ができてからなんと60年!半世紀以上にわたり、白州に住む老若男女の胃袋をつかんで離さない「ひさの食堂」です。

住職も幼いころから「ひさの食堂」の味に慣れ親しんでおります。
自元寺から徒歩約5分、まさに第二の台所と言っても差し支えないかもしれません。

友人をここに初めて連れて行くと、古びた佇まいに「ここ、本当に入るの?」と一瞬迷います。店内も昭和の民家そのままの雰囲気ですので、圧倒されてしまうようです。

ですが、出された料理を食べると皆にっこりします。何を食べてもおいしい!必ずつけてくれる自家製の漬物を食べてまたにっこり、みそ汁や小鉢を食べてまたにっこり、次に遊びに来た時には「ひさの食堂行こうよ」と言います。

また行きたくなる店、また食べたくなる店「ひさの食堂」はそんなお店です。

住職のおすすめは!「自家製餃子」「煮かつ」です。どちらもこってりメニューですが、タレと卵がよくからんだカツを一切れ食べては、おいしい漬物とたっぷりの冷ややっこで口の中をさっぱりさせて、次は餃子をパクリ。寒い日も、暑い夏でもどんどん箸が進みます。あーおいしかった!と毎回大満足で、明日への気力がわいてきます。住職の友人も、煮カツがお気に入りだそうです。

また、「ひさの食堂」には冬限定のメニューがあります。
それは「ぼたん鍋」!!イノシシ肉の鍋です。
事前の予約が必要ですが、ぜひ試してほしい一品です。イノシシは冬になると体に脂肪をため込みます。イノシシの脂は豚肉よりもくどく感じないので脂身が厚く見えても胃にもたれず、脂のうま味を堪能できますよ。これから寒くなりますので、よりおいしくいただけます。季節のものですので、くれぐれも予約をお忘れなく!

白州といえば、全国でも名高い観光地です。おしゃれなオーガニックカフェや、素敵なパン屋、有名なこだわりのかき氷で特別な時間を過ごしたい方もいらっしゃることでしょう。素敵なお店で過ごす非日常も楽しいものですが、白州の地を愛するあなたにぜひ一度は「ひさの食堂」を訪れてほしい!白州のみんなの食堂です。

「ひさの食堂」は20号沿いとアクセスも良く、目印は玄関の黄色い三角屋根と、駐車場にたくさん停まる地元ナンバーの車です。

https://tabelog.com/yamanashi/A1902/A190201/19002974/