境内に『観音目安箱』を設けました。

夕方になると庭から虫の声が聞こえてくるようになりました。秋ももうすぐそこまで来ていますね。

さて、境内を歩かれた方は、お気づきかもしれませんが、水屋の脇にかわいらしい石の観音さまが安置されました。観音さまの下にはポストが設置されており、『観音目安箱』と書かれております。

一般に目安箱といえば、江戸時代、八代将軍・徳川吉宗が設置したものです。ここでいう目安とは、箇条書きにした文書や、訴状、陳状のことです。政治・経済から日常的な問題まで、町人や百姓などの要望や不満を、箱に投函し、直訴させたものです。制度自体は古くから存在したそうで、戦国時代、甲州法度之次第の条文や『甲陽軍鑑』にも、甲斐武田氏でも本拠である甲府に、目安箱を設置していたことが記されているそうです。

よく耳にする観音さま、正式には<観世音菩薩>と呼ばれています。世間の人々の救いを求める声(世音・世の中の音)を聞く(観る)とただちに、救済して下さる仏さまです。

またお姿を自在に千変万化させて、生きとし生けるものを救うことから、<観自在菩薩>ともお呼びします。(自元寺のご本尊は阿弥陀如来さまですが、脇侍として、向かって右側に観音さまがいらっしゃいます。左は勢至菩薩さまです。)

菩薩とは、「菩提薩埵(ぼだいさった)」の略です。「菩提」とは仏のさとりのことで、「薩埵」とは、求める人、ということです。つまり、仏のさとりに向かって努力している人を「菩薩」といいます。及ばずながら、日々を生きる私たちも菩薩なのではないでしょうか。

自元寺では、直接聞きにくいこともお気軽に相談していただけますよう、『観音目安箱』を設置いたしました。例えば、葬儀や法事を始め、お寺の行事は「死」に関わることが多く、心情的になかなか聞きにくいのではないかと思います。また、お寺に伝えたいこと、悩みや相談したいことなどあれば、どんなことでも構いません、『観音目安箱』をご活用して頂ければ幸いです。皆様からのお声を聞き、微力ながら助けになれればと存じます。返信を希望される場合は、連絡先をご記載ください。秘密、個人情報は厳守します。

『観音目安箱』設置に際しては、日頃よりお世話になっております、横手の巨摩石材・中山敏彦さまがご寄進下さいました。厚く御礼申し上げます。かわいらしくやさしいお顔で、わが子の赤ちゃん時代を思い出すようです。是非皆様にも見ていただきたく思います。

皆様方、田圃をはじめ忙しい時期でありますが、十分にお体にはご留意ください。

開基・馬場美濃守信房 (信春) 公に血縁・所縁ある方へ、式典へのご参列のご案内

◇450年記念式典のお知らせ
自元寺は、令和2年(2020年)に開創450年の節目を迎えます。

つきましては、同年6月27日(土)に記念式典を挙行する予定です。
記念講演として、静岡大学名誉教授の小和田哲男先生をお招きしてご講演いただきます。
先生は開忌・馬場信房公のご子孫にあたります。

また、馬場信房公の報恩供養もお勤めいたします。
特別な節目を契機として、血縁・所縁有る方と縁を一層深め、記念式典にもご参列いただきたいと、住職・総代・檀信徒一同、切に願っております。

国内外問いません。馬場美濃守公と縁ある方からのご連絡をお待ちいたしております。

◇自元寺開創450年記念式典(予定)
内容:午前中に小和田哲男先生のご講演、午後より法要を予定
日程:令和2(2020)年6月27日(土)を予定
対象:開忌・馬場信房公の血縁、所縁有る方
問合せ:お寺に直接電話、メールなどでお知らせください。

記念式典の詳細はお問い合わせいただいた方、また、ホームページでも随時お知らせいたします。

お問合せ先:自元寺
【電話】0551-35-2245(FAX兼用)  
【携帯】090-8846-3033(山﨑) 
【e-mail】jigenji1570@outlook.jp
【HP】http://jigen-ji.jp