リピーター多数!第2回「地元の野菜を精進料理でいただく会」

去る1月20日、第2回目となる精進料理の会を開催いたしました。

今回も、地元農家さんから貴重な作物をいただきました。
小淵沢・今井農園さんより、日本百名水から水を引いたおいしいコシヒカリ
韮崎・ヨダファームさんから、甘みの強い、珍しいビーツを頂きました。
ありがとうございます。

第1回目の会のアンケートで、「作り方を知りたい」とのお声をいただきましたので、今回はご希望の方に調理から参加していただきました。材料の命を活かしきる事、感じていただけましたでしょうか?
調理の際には「喜心、老心、大心」という三つの心が大切といわれております。詳しく知りたい方は、ぜひ調理にもご参加ください。作る人と食べる人の、心遣いのやり取りがあることを感じていただけると思います。



今回のメニューです。

*ビーツの葉の炊き込みご飯
*ごぼうと人参のお味噌汁
*里芋の煮っころがし
*白菜のお漬物
*揚げ出し豆腐 ごぼうときのこのあんかけ


今回は「ビーツの葉の炊き込みご飯」が人気でした。たっぷりの昆布だしを使って炊いていただきましたので、うまみの濃いおいしいご飯になりました。

皆様からご感想もいただきましたので、ご紹介いたします。

・前回参加し、美味しかったため。(←嬉しいです!)
・全ての食材は平等である、人を思う。
・季節で違うメニューを楽しみながら「食べる」を大切に思い、
シェアする場がとても良いと思います。


今回も、メニュー作成、調理と輿石真帆さんに大活躍していただきました。
輿石さんの感想も素晴らしいので、一部お伝えします。


・今回は初めて参加者と一緒に調理をしましたが、一緒に調理することで「その食材を最後まで頂くこと」を実感していただいたようです!
・私も山崎さんから教えて頂いたことを参加者さんに教えながら一緒に調理することができ、学びが深まった感じですごくよかったです!
・定期開催してほしい、とのお声がでて嬉しかった!開催の意義を感じました!

輿石さん、本当にありがとうございました!



学びの場でもありますが、何より、手のかけられたおいしい料理を食べながら色々な人と繋がれる、楽しい場です。ぜひ広い世代の方にご参加いただけたらと思います。

次回は2月17日に予定しております。
詳細が決まりましたら自元寺Facebookにも掲載いたします。
今回の料理もご覧になれますので、ぜひクリックしてください。

Tera cha@自元寺#8

お寺で肩ひじ張らずに、茶道に接してみませんか。

2月7日(金)13時半から2時間ほど、自元寺客殿・三宝閣で行います。

第8回となりますが、初めての方でもご参加いただけます。

茶禅一味。
禅と茶道はとても密接なものです。

静かなお寺の境内で、やさしい先生ご指導の下、作法を学び、お抹茶と美味しい和菓子でひと時を過ごしましょう。

参加費 2,000円(講師謝礼・お茶・和菓子代込)当日お支払ください。

服装  自由ですが、白足袋か白靴下をご持参ください。足の悪い方はイスでもご参加いただけます。 


講師  大澤由美子先生(表千家教授・北杜市・公案寺寺族)

参加希望の方は、イベント参加ボタンを押すか、自元寺にお申し込みください。諸準備の都合上、開催前日に締め切りとさせて頂きます。
(0551-35-2245・FAX兼)

Tera cha@自元寺#7も1月31日13時半から開催予定です。

【2・3月坐禅会・古式ヨーガのお知らせ】

新年を迎えて、いかがお過ごしでしょうか。
暖かい今期の冬ですが、今日の白州は雪予報です。


様々なご縁がつながって、こども禅の集いや茶道や精進料理、コワーキングスペースなど、活動が広がっております。ありがとうございます。


その根幹となる坐禅会・ヨーガ講座のご案内です。
坐禅、ヨーガともに初めての方でも丁寧に説明いたしますので、どうぞお気軽にお越し下さい。


坐禅会は2月8日(土)、23日(日)、3月は7日(土)、29日(日)、午前6時から、自元寺本堂にて行います。
30分ほどの坐禅、朝のお勤め(読経)、小食(お粥の朝食)、8時頃に終わりますが、途中参加、退出も可能です。
参加費無料、持ち物不要です。動きやすい服装でお越しください。
初めての方は事前に連絡を頂きますとスムーズです。

古式ヨーガ講座・昼の部は2月14日、28日、3月13日、27日となります。
第2、4金曜日、午前10時から、1時間少々のヨーガの後、茶話会となります。
ヨーガ・夜の部は2月4日、18日、3月3日、17日です。第1、3、5火曜日の午後7時半からです。1時間半ほどのヨーガを行います。
参加費無料、動きやすい服装で、ヨガマットか大きめのバスタオルをご持参ください。
坐禅会、古式ヨーガ講座ともに、お問い合わせもお気軽に。


お待ちしております。

 


馬場美濃守信房公菩提所
白砂山自元寺
山梨県北杜市白州町白須1364
0551-35-2245(Fax兼)

令和二年も 集まれ!「みんなのテラコヤ」

1月17日(金)と1月20日(月)「みんなのテラコヤ」を開催いたします。10月から始まったお寺での学び合いの場。
自由な時間に来て、自由に過ごせ、自由な時間に帰れる、ゆるやかな空間です。(Wi-Fi、電源利用できます)
坐禅を体験してみたい人も、仕事をしたい人も、試験勉強をしたい学生さんも、子育て中の親御さんも、どなたでもご参加ください。
普段は違う環境にいる人たちが集まる機会ができたことで、新しい企画や繋がりが産まれています。今回も楽しそうな企画が集まりました!こんなに沢山のことが1日で学べる機会はめったにありません。講師の皆さま、ありがとうございます。他にも「こんなことをやってみたい」があれば、ぜひ皆様もお声かけください。

◆1日の流れ
8時~10時 お寺の朝のお勤め『temple morning』
みんなでお寺を丁寧に掃除をして、坐禅(ざぜん)で自分を見つめる。
すっきりとした気持ちで1日をはじめましょう!集中力も高まります。

10時~17時  自由時間 
お寺で自由に過ごせます。企画も盛りだくさんです。
「みんなでこんなことをやってみたい」という企画や、「こんなことを教えられる」という学び、または「こんなことを教えて欲しい」というご要望があれば、お声がけください!

□1月20日のみ開催
18:00~21:00
【地元の野菜を精進料理でいただく会~自元寺住職の山崎さんから精進料理の心を学ぶ~】

修行中の僧が食べる普段の食事です。派手さはないかもしれませんが、北杜の野菜のおいしさと、食の大切さを感じられると、参加者の皆さまからご好評いただきました。曹洞宗では食事も大切な修行の一つです。ぜひ作法も含め、ご体験ください。(要予約)

精進料理の会の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.facebook.com/events/458647388174618/

前回の開催の様子です。
https://jigen-ji.jp/291/

◆開催日
1/17(金)、1/20(月)

◆参加費
参加費や利用料は特に決めていませんが、500円~1000円くらいの寄付をしていただけると嬉しいです。
※自元寺の檀家さんは寄付も不要です。
ご参加お待ちしております。

【12・1月坐禅会・古式ヨーガのお知らせ】

甲斐駒ヶ岳も雪をかぶり、雄大な姿となっています。白州もいよいよ冬本番です。

坐禅、ヨーガともに初めての方でも丁寧に説明いたしますので、どうぞお気軽にお越し下さい。

坐禅会は12月8日(日)、14日(土)、1月は18日(土)、26日(日)、午前6時から、自元寺本堂にて行います。

30分ほどの坐禅、朝のお勤め(読経)、小食(お粥の朝食)、8時頃に終わりますが、途中参加、退出も可能です。
参加費は無料、持ち物不要です。動きやすい服装でお越しください。
初めての方は事前に連絡を頂きますとスムーズです。

古式ヨーガ講座・昼の部は12月6日、20日、1月10日、24日となります。
第2、4金曜日、午前10時から、1時間少々のヨーガの後、茶話会となります。

ヨーガ・夜の部は12月14日、21日、1月14日、28日です。第1、3、5火曜日の午後7時半からです。1時間半ほどのヨーガを行います。※12月10日は休講です。

参加費無料(お気持ちはお賽銭にて)、動きやすい服装で、ヨガマットか大きめのバスタオルをご持参ください。

坐禅会、古式ヨーガ講座ともに、お問い合わせもお気軽に。
お待ちしております。

馬場美濃守信房公菩提所
白砂山自元寺
山梨県北杜市白州町白須1364
0551-35-2245(Fax兼)

北杜の野菜を精進料理でいただく会」ご好評をいただきました。

先日行いました「北杜の野菜を精進料理でいただく会」
ご参加いただいた皆様から感想をいただきましたので、一部ご紹介いたします。

「本当の精進料理の由来が知ることができてよかった」
「お皿を持ち、支えて食1つ1つ器と手にとって食べるだけで、いつもよりゆっくりと素材を感じながら食べれた」
「ゆっくりと感謝しながら食べることを改めて思った」

16名もの方に精進料理を体験していただけたことはもちろんですが、「食事を大切にする」ことの意味を皆さんが自然と感じてくださり嬉しく思います。

今回のイベントの中心となり、活躍してくださった輿石真帆さんからの感想もお伝えいたします。本当にありがとうございました。

「本日は精進料理の会、ありがとうございました!私自身も作ることから教えて頂き、 参加の皆様と精進料理をいただく時間を共有できたこと、とても勉強になりました。 精進料理の会は 毎日の食事では難しくても、たまにはゆっくり、素材や命をいただくことに気持ちを向ける、そんなきっかけとなる会となっていくことができる、と思いました。」

精進料理は、作ることも大切な修行の一つです。輿石さんにはより深く精進料理について体験していただけました。

今回のメニューはこちらです。
旬を迎えて甘くおいしい、大根や蕪や白菜などを使いました。

大根と油揚げの炊き込みご飯
大根とかぼちゃのお味噌汁
昆布と野菜のきんぴら
白菜と株の浅漬け
ハヤトウリの漬物
しいたけの甘煮

炊き込みご飯が人気でした。

ここで、精進料理について少しお話いたします。
精進料理と聞いて、どんなものをイメージしますか?
「植物性の食材だけを使ったものが精進料理」と思われていた方も多いかもしれません。

先日の記事でも申し上げましたように、精進料理は、技術はもちろんですが精神性、考え方に重きをおきます。食物=いのちであり、それを根底に置き、食材、料理やお給仕、食事作法を通じた在り方が重要なのです。

今回体験していただいた、食べるための作法。これは『赴粥飯法(ふしゅくはんぽう)』と言います。

「大に攪き及び飯食を歠りて聲を作すことを得ざれ(音を立てて食べない)」
「汚たる手もて食を捉ることを得ざれ(汚れた手で食事をしてはいけない)」
といった、現代の食事マナーにも通じるものもありますが、もっと細かい所まで決まりがあります。例えば、お椀を持つ位置や、その時の手の高さや向きにまで決まりがあるんですよ。

これは、食材(=命)や手間暇をかけて食事を作ってくれた人に対して、食べる側も相応の敬意を払うべきという考えからきております。完成された美しい所作です。

現代は簡単に食べられるものにあふれています。
テレビを見ながら、スマホを眺めながら、食事を何気なくとってしまう時もあるでしょう。忙しすぎて、食事が全ての後回しになってしまう日もあるでしょう。そんな時代だからこそ、食を大切にすることや、その食材がどこから来たのか。食事が目の前に届くまで、どれほどの人の手がかけられたのか。おもいを馳せる時間を持つことも良いのではないかなと思います。

次回「北杜の野菜を精進料理でいただく会」は令和2年1月20日(月)を予定しております。みなさんの「アクション」につながる行事を、ともに修行できるよう、諸準備して参ります。

お寺でコワーキングのすゝめ

11月22日(金)25日(月)は、お寺でコワーキング!

開催時間は8時~17時です。朝食、昼食持ち込みできます。自由な時間に来て、自由な時間に帰れるゆるやかな空間を考えています。Wi-Fiあり。

先月より、月2回ほど「お寺でコワーキング+学び合いの場」を始めています。コワーキングは、異なる環境にいる人々が同じ空間に集い、自然と交流が生まれて新しい発想や人脈の形成が行えることから、山梨県内でも広がりを見せつつあります。ぜひ皆さんにご活用いただきたいと思います。
在宅で仕事をしていて、なんとなく気分を変えたい人、普段なかなか触れ合う機会のない人と話してみたい人、ボードゲームで遊びたい人、近所の子供と遊びたい人、違う学校や保育園の子とも遊んでみたい人、大人も子供もどんな方もいらして下さい!

今回も学びの時間をゆるーく設けます。
朝、8時~10時は、temple morning。
お寺のお勤め(お経)と掃除、坐禅(ざぜん)を行います。ご興味がある方はぜひご参加ください。お仕事の前に、気持ちも体もスッキリしますよ。

10時以降は手あげ式で、学び合いたいものがあればご一緒しましょう。
詳しくはFacebookのページをご覧ください。
https://www.facebook.com/events/405412260168819/

ついついおしゃべりが盛り上がってしまって仕事がすすまない・・・!という方のために、仕事に集中するための、静かな別室もご用意しております。集中したい部分は部屋にこもって、疲れてきたら本堂で子供たちの遊ぶ様子を横目で眺めながらのんびり仕事も良いかもしれませんよ。

ところで、どうしてわざわざお寺で開催するの?と思われた方もいらっしゃることでしょう。「寺子屋」はご存知ですか?昔の小学校と思われている方もいらっしゃると思います。

平和が長く続いた江戸時代、庶民の間に勉強ブームが起きます。
そこで庶民の暮らしのそばにあり、読み書きができる身近な知識層であったお寺の和尚さんが近所の子供たちに手習いを教えたのが元であったようです。
寺子屋がひろまるにつれ、和尚さんだけでなく、外部の先生も寺子屋で教えていたそうです。武士の子も農民の子も同じ師匠から学んでいたそうですよ。

現代の寺子屋は、決まった授業はありませんし、師匠と弟子もありません。
色々な人が集まって、自由に仕事をします。交流をします。大人も子どもも楽しく遊びます。集まった人たちがそれぞれの得意なことを教えあいます。

そうして、お寺が色々な人をつなぐ場になれればと願っております。

お気持ち(500-1000円程度)のご寄付をいただけますと、この活動が続けられます。檀家の皆さまは無料です。いつもありがとうございます。

Facebookも更新しております!ぜひご覧ください。
https://www.facebook.com/jigenji1570/

【Tera Cha@自元寺#1・20191018】

お寺で肩ひじ張らずに、茶道に接してみませんか?

茶禅一味。
禅と茶道はとても密接なものです。

10月18日~20日は台ケ原宿市が行われています。
そちらで買い物も楽しみながら、この時間は静かなお寺の境内で、やさしい先生ご指導の下、お抹茶と美味しい和菓子でひと時を過ごしましょう。

参加費 2,000円(講師謝礼・お茶・和菓子代込)当日支払
服装  自由ですが、白足袋か白靴下をご持参ください。
講師  大澤由美子先生(表千家教授・北杜市・公案寺寺族)

参加希望の方は、Facebookイベントページの参加ボタンを押すか、ホームページメッセージなどより、自元寺にお申し込みください。諸準備の都合上、締め切りを15日(火)までとさせていただきます。

(0551-35-2245・FAX兼)

【《重要》寺カフェ@自元寺#6 20191012 延期のお知らせ】

予定していました寺カフェですが、台風接近のため延期致します。

多くの方に申し込みを頂いておりましたが、安全面を第一とし、そのような判断となりました。

ご了承ください。

12月中旬に、同じテーマでの開催を予定しています。おってご案内いたしますので、お時間許しましたら是非ご参加ください。

寺カフェ@自元寺#6 『余命半年、どう生きる??』

「軽い気持ちノリで参加したが面白かった」
「次回も参加したい」 
「パートIIを!」
前回の寺Caféに参加なさった人が書いてくださった感想です。
何だか楽しそうでしょう。何がテーマだったと思いますか?

実は、『寺Café ~死から生きることを考え語ろう~』の感想です。
「お坊さんは生き死にに慣れているから、軽く楽しくありがたい話をしたのかな」と思いましたか?
違うんです。参加してくださった皆さんから自然に出てきた言葉です。

前回の寺カフェでは、
参加者は20代から80代まで、約20人いらっしゃいました。
どの方も背景は様々です。医療職で普段から生死に関わる方もいれば、最近身近な人を亡くされた方、死ぬということを今までほとんど意識しなかった方と、バリエーション豊かでした。

「死」について話したことがある人は、それほど多くないと思います。
ふと話したくても、もしかしたらこの人・・と心配されるんじゃないか、嫌がられるんじゃないか?
ここではそんな心配はいりません。色々な世代の人と「死」についてとことん話し合って、聞きあえます。

今回のテーマは
「余命半年、どう生きる?」です。
もし、あなたの人生が、あと半年で終わるとしたら。

『あと半年どうやって生きますか?』

死ぬことを考えると、不思議なことに「どう生きるか」を考えるようになるようです。
寺Caféでは、皆で楽しく、明るく、深く、話ができ、聞きあえるように仕掛けづくりをします。どんな方でも、ぜひお越しください。

最後に、前回参加してくださった人たちのアンケートを抜粋してお伝えします。楽しそうな様子が伝われば嬉しく思います。

「『生きる・死ぬ』について考えることが今までなかったので、自分を見つめるきっかけになった 」

「『死』に対する想いや考えは人によってそれぞれで、身近な死を体験した方の言葉が胸にささった」 

「生死はカジュアルな存在で良いのだという事 」

「拓かれたお寺に大賛成、はじめましての方々とつながる楽しさ面白さはくせになりそう」

お申込みはお電話、メール、Facebookからでも可能です。
よろしければ、自元寺Facebookの方もフォローをお願いいたします。

寺カフェ@自元寺#6 『余命半年、どう生きる??』https://www.facebook.com/events/896575887385369/

日時:2019年10月12日(日) 13:30~16:00
対象者:趣旨に同意された北杜市周辺の地域の方々
タイムテーブル:
受付開始=13:45~14:00 
オリエンテーション=14:00~14:15
グループワーク「余命半年、どう生きる??」=14:15~15:45
発表=15:45~16:00

お問合せ先:自元寺
【電話】0551-35-2245(FAX兼用)  
【e-mail】jigenji1570@outlook.jp
【HP】http://jigen-ji.jp